スポンサーリンク

【クレカ積立】SBI証券のクレカ積立還元率が変更!積立利用にもおすすめの三井住友カードを紹介!

SBI証券 × 三井住友カード

2024年から新NISAが開始され、各証券会社は新NISAに合わせた制度変更を実施しています。

制度変更の1つが「クレジットカードを利用した積立投資」で、月間積立上限額が5万円 → 10万円に増額されることになりました。

クレカ積立のメリットは積立利用時によってポイントが付与されることですが、その還元率は証券会社によって様々です。

今回はSBI証券三井住友カードのクレカ投資について解説していきます。

本記事では、

  • SBI証券×三井住友カードの特徴とメリット
  • クレカ積立におすすめのクレジットカード

これらについて解説していきます。

スポンサーリンク

クレカ積立のメリット

クレカ積立のメリット
  • 積立投資でポイントがもらえる
  • カード利用実績が稼げる

クレカ積立の主なメリットはポイント還元があることです。

カードで積立ができる金額には月上限があるため、ポイント付与数も限られてきますが、現金で投資するよりもポイント付与分お得になります。

例えば、月10万円の投資で1.0%の還元率だと、月1,000P、年間3,000Pが毎年もらえる計算になります。

その他にも、会社によってはカードの利用実績稼ぎに使えるというメリットも存在します。

カードの利用実績は、年間利用額に応じて特典がもらえるものや、ゴールドカードが年会費無料になる公式インビテーションをもらうために活用することができ、実績稼ぎのことは通称クレカ修行と言われています。※クレカ積立分は利用実績に入らない会社もあり

価格変動のリスクはありますが、実績稼ぎのために無駄な買い物をしなくて良いので、積立分を利用実績とすることは効率的な手法です。

クレカ積立ができる会社

証券会社クレカ積立額
月間上限
還元率
SBI三井住友10万円0.5〜3.0%
楽天楽天15万円※0.5〜1.0%
auカブコムau PAY10万円1.0%
マネックスマネックス10万円0.73〜1.1%
大和
コネクト
セゾン/UC10万円0.1〜1.0%
※1 楽天キャッシュ併用時

カード積立額の月間上限が全会社で月10万円に変更になりました。

全体的なポイント還元率は0.1%〜3.0%となっており、カード会社によって異なってきます。

SBI証券×三井住友カードは、クレカ積立時のポイント還元率が業界最高値です。

2024年10月積立分までは5.0%還元ですが、月間上限10万円の変更に伴い、2024年11月分以降は条件付きで最大3.0%に減少することになりました。

さらに、還元率を発生させるためには、各カード一定以上の年間利用が必要になる条件が付加されました。この詳細については、こちらで解説します。

月10万円積立時のポイント付与数の目安は以下になります。

還元率月間
付与数
年間
付与数
0.1%100円1,200円
0.5%500円6,000円
1.0%1,000円12,000円
3.0%3,000円36,000円

SBI証券×三井住友カードの特徴

必要なもの
  • SBI証券口座
  • 三井住友カード発行の対象クレジットカード
毎月積立可能金額100円〜10万円
※10万円は5月買付分から
積立発注日毎月1日固定
積立設定締切日毎月10日まで
ポイント還元率0.5〜5.0%
※2024年11月から最大3.0%
ポイントキャンペーン
付与ポイントクレカの還元ポイント
投資信託商品数2,300以上
eMAXIS Slimシリーズ
年間利用実績の対象
ポイント目的の即売り
※ 2024年3月25日現在

SBI証券×三井住友カードも5月買付分から月間10万円までの積立が可能となりました。

このクレカ積立の大きなメリットは、ポイント還元率の高さです。

2024年10月積立分までに関しては、最高カードランクであるプラチナプリファードが5.0%の還元率となり、月最大5,000P、期間中の合計30,000Pと年会費に近いポイントをもらうことができます。※年会費33,000円

しかし、月間積立上限額の変更に伴い、2024年11月積立分以降は、最大還元率3.0%に低下することになりました。※公式サイト

還元率の低下は予想通りでしたが、カード年間利用額が還元率の条件として必要になることは割と厳しい条件だなといった印象です。

SBI証券のもう一つの大きなメリットとして、投資信託の銘柄保有金額に応じてポイントがもらえるキャンペーンを実施していることです。これはこちらで解説をします。

SBI証券は投資信託商品数も豊富であり、低い信託報酬で人気のeMAXIS SlimシリーズSBI・Vシリーズがあるため、初心者にもおすすめの証券口座です。

注意点として、クレカ積立の利用分はカード年間利用分にカウントされません。計算に入れないようにしましょう。

カード毎のポイント還元率

変更時期2024年10月11日設定分〜
※11月1日買付分〜
変更内容・クレカ積立利用時のポイント還元率
・カード年間利用額が付与条件に追加
年間利用額
集計期間
カード入会月の翌月1日※
〜12ヵ月後の末日まで
※カード入会初年度はカード加入日

変更前のクレカ積立時のポイント還元率は以下のようになります。※2024年10月買付分まで適用

カード変更前
還元率
変更前
必要年間利用額
プラチナ
プリファード
5.0%条件なし
通常プラチナ
2.0%
ゴールド
1.0%
ノーマル
0.5%

そして、変更後のクレカ積立時のポイント還元率は以下のようになります。※2024年11月買付分から適用

カード変更後
還元率
変更後
必要年間利用額
プラチナ
プリファード
3.0%500万円以上〜
2.0%300万円以上〜
1.0%条件無し
通常プラチナ
2.0%300万円以上〜
1.0%条件無し
ゴールド
1.0%100万円以上〜
0.7510万円以上〜
0%
ノーマル
0.5%10万円以上〜
0%
※公式サイト:つみたて投資 改定後のポイント付与率について

サービス改定後は、クレカ積立時のポイント還元率が最大3.0%まで低下し、付与条件としてカード年間利用額が追加されました。

特にプラチナプリファードは、最大付与させるために年間500万円以上の利用が必要になります。

クレカ積立投資のみで使用していた方にとっては、大きな改悪になります。

おすすめのクレジットカード

クレカ積立時のポイント還元が対象となるカードは複数存在しますが、その中でおすすめのカードが以下になります。

カード還元率年会費
ゴールド(NL)
通常時※1
最大2.0%

クレカ積立時
最大1.0%
5,500円
※条件達成で無料
ビジネス
オーナーズ
ゴールド
Oliveゴールド
Oliveノーマル
通常時※1
最大1.0%

クレカ積立時
最大0.5%
無料
プラチナ
プリファード
通常時※1
最大2.5%

クレカ積立時
最大3.0%

※変更後
33,000円
※1 通常時の還元率は通常還元率+年間100万円特典(+1.0%)+リボ特典の合計(+0.5%)

各カードの詳細やお得な使い方に関しては、こちらで詳しく解説しています。

SBI証券のポイント特典

SBI証券自体にも投資信託の保有金額に応じて毎月ポイントがもらえるポイントサービスが存在します。

銘柄によってポイント付与率が異なっており、主に3つに分別されています。

月間平均保有金額
※全銘柄の合計値が適用
1,000万円
未満
1,000万円
以上
通常銘柄0.10%0.20%
SBIプレミアム
チョイス銘柄
0.15%0.25%
その他指定銘柄ファンドによって異なる
※JALマイルサービスに登録している方は、表記の半分になる

公式サイト:投信マイレージサービスポイント付与率(年率)一覧

銘柄によって細かく数字が異なってくるので、2023年9月の投資信託・積立設定件数上位5銘柄のポイン付与率が以下に示します。

銘柄1,000万円
未満
1,000万円
以上
三菱UFJ-eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
0.0175%
三菱UFJ-eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
0.0326%
SBI-SBI・V・S&P500
インデックス・ファンド
0.022%
SBI-SBI・iシェアーズ・
インド株式
インデックス・ファンド
0.022%
三菱UFJ-日経平均
高配当利回り株ファンド
0.01%0.02%
※JALマイルサービスに登録している方は、表記の半分になる

この中で最もポイント付与率の低い、三菱UFJ-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)で換算すると、500万円所有で年間875Pをもらうことができます。

基本的に保有金額は年々上がっていくと考えると、付与上限がないため保有金額に応じてポイント数も上がってくることは大きなメリットです。

資産運用をするメインの証券口座としても、SBI証券はおすすめとなります。

お得な口座開設方法

SBI証券も口座開設によるポイントサイト案件が存在します。

案件案件額
① 狙い目
② 最高額
おすすめ
ポイントサイト
口座開設+入金11,000円〜
20,000円
ハピタス
モッピー
口座開設+FX取引18,000円〜
20,000円
ハピタス
モッピー

4月末までの間、口座開設と5万円以上の入金が条件となっている案件が掲載されています。

かなり高い金額になっているので、検討していた方はおすすめのタイミングです。

また、FX取引の案件も存在し、条件としては60単位以上の取引となります。※1単位の取引額は通貨によって異なる

そして、最小限の取引コストにするためにはスプレッドの低い通貨で取引することが重要です。

取引におすすめの通貨を以下に示します。

取引通貨1単位に必要な
通貨額
スプレッド60単位
取引コスト
米ドル/円1万0.2銭1,200円
メキシコペソ/円10万0.3銭1,800円
計算方法:取引コスト=必要単位 × スプレッド

米ドル/円の場合は1,200円の取引コスト、メキシコペソ/円の場合は1,800円の取引コストがかかりますが、口座開設 + 入金の案件よりも5,000円以上はお得になります。

それぞれの通貨の取引単位に対する必要証拠金は以下になります。※米ドルは150円、メキシコペソは8.8円で計算

取引単位1単位10単位60単位
必要な
取引回数
60回6回1回
必要証拠金
米ドル/円
1USD=150円
6万円60万円360万円
メキシコペソ/円
1MXN=8.8円
35,200円35万2,000円211万2,000円
計算方法:必要証拠金 = 取引単位 × 1単位に必要な通貨額[円] ÷ 25

SBI証券のFXはメキシコペソの1単位の取引通貨額が10万メキシコペソのため、価格の低いメキシコペソでも1単位の取引で約36,000円の証拠金が必要です。

その時の為替価格によって変化するので、ご自身で計算してみてください。
必要証拠金 = 取引単位 × 1単位に必要な通貨額[円] ÷ 25(レバレッジ25倍)

1単位の取引であれば、60回の売買が必要になりますが、証拠金を増やせれば取引回数を少なくすることも可能です。

10単位で取引したい場合、米ドルは約60万円、メキシコペソは約36万円必要になります。

なお、取引完了後は、ポイントサイトの案件が承認されるまで、1万円程度残しておきましょう。