スポンサーリンク

【住信SBIネット銀行】毎月ポイント稼ぎにおすすめ!住信SBIネット銀行のNEOBANKのキャンペーンを効率的に使う方法を紹介!

住信SBIネット銀行

ポイントキャンペーンの豊富さとパートナー企業との提携支店を持つことが特徴的な住信SBIネット銀行NEOBANK

Tマネーがパートナー企業であるT NEOBANKや第一生命がパートナー企業である第一生命NEOBANKは、簡単に多くのポイントを獲得できる銀行となっています。

この記事では、

  • 普通の口座とNEOBANKの違い
  • おすすめのNEOBANK支店
  • ポイント獲得におすすめの達成条件

これらについて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行の子会社として1986年に創業。2007年に会社名にもあるSBIホールディングスからの出資により、本格的にインターネット専業銀行としてスタートさせました。

現在、SBIホールディングス三井住友信託銀行から50%ずつ出資された共同出資会社となっていますが、2023年3月29日東京証券取引所スタンダード市場に上場しました。

預金数、口座数は楽天に次いでネット銀行第2位に位置付けており、NEOBANKサービス等の展開により着々と口座数を伸ばしており、今後もさらなるサービス拡大を期待できる企業です。

NEOBANKサービス

NEOBANKサービスとは、”決済や預金、貸出などの銀行機能を提供することで、パートナー企業がお客さまにより快適な顧客体験を提供することを可能にするサービス”のこと。

つまり、銀行の機能が欲しい企業に対して、その企業のサービスを取り入れながら銀行サービスを提供するみたいな感じだと思います。

そのため、Tマネー株式会社と提携した『T NEOBANK』ではTポイントが、JALと提携した『JAL NEOBANK』ではJALマイルがサービス仕様により貯まる仕組みとなっています。

提携したNEOBANKの支店は2024年4月現在で16個存在し、その中で利用によりポイントが貯まるものは以下になります。

支店名ポイント提携企業
T NEOBANKTポイントTマネー
JAL NEOBANKJALマイルJAL
ヤマダNEOBANKヤマダポイントヤマダ電機
SBI証券NEOBANKスマプロポイントSBI証券
第一生命NEOBANK第一生命
NEOBANKポイント
第一生命
みらいバンクスマプロポイントみらいバンク
京王NEOBANK京王ポイント京王パスポート
クラブ
三井住友信託
NEOBANK
スマプロポイント三井住友
信託銀行

独自でポイントサービスを持っているパートナー企業はその企業ポイント、それ以外は住信SBIネット銀行のスマプロポイントがサービス利用により貯まる仕様となっています。

そして、提携企業独自のポイントがもらえる支店はポイントキャンペーンが豊富なことが特徴で、獲得方法は各支店によって異なります。

注意点として、不正利用防止の観点から、口座開設後1ヶ月程度は他支店の口座を開設することができません。※公式サイト:口座開設 – 同意

キャンペーン等で複数支店を開設したい場合は、計画的に行うようにしましょう。

各支店の基本性質

支店名通常支店
SBI証券NEOBANK
その他
NEOBANK
預金金利0.001%
(0.01%)
ATM利用手数料
他行振込手数料
無料回数
5〜20回/月
※ランクで異なる
5回/月
自動入金・出金機能

預金金利

いずれの支店も住信SBIネット銀行の通常支店と同じであり、預金金利(税引前)は0.001%、SBI証券と連携させたSBIハイブリッド預金口座で0.01%とネット銀行の中では低い印象です。

MATSUI Bankという松井証券と連携したNEOBANKは預金金利(税引前)が0.2%とすることができます。

ネット銀行の中で預金金利(税引前)が高いおすすめの銀行は、auじぶん銀行で0.23%です。※条件有り

他行振込手数料も最大で月15回無料にすることができるため、メインバンクはauじぶん銀行、サブバンクとしてNEOBANKを使用する方法が1番おすすめです。

auじぶん銀行に関しては、以下で解説しています。

振込無料回数と自動サービス

基本的なNEOBANK支店のATM使用・他行振込手数料無料回数はそれぞれ月5回となります。

ただし、SBI証券NEOBANKのみ通常支店と同じスマプロランクに依存して月5〜20回となります。

スマプロランクは、スマート認証NEOの登録をしてしまえばランク2となり、振込無料回数を月5回にすることができます。(セキュリティ面の強化になるので、登録推奨)

もし、ATM使用・振込手数料無料回数月10回ほしい方はランク3も比較的容易に達成することができます。スマート認証NEO登録に加え、下記の達成が容易な条件の中から3つ達成する必要があります。

条件達成方法
外貨預金(普通・定期)1南アフリカランドを保有(約8円)
SBIハイブリッド預金SBIハイブリッド預金に1円以上
※SBI証券口座が必要
純金積立最低積立金額1,000円積立後に
積立を一時停止
公営競技入金月1回2万円以上入金
※即出金が可能

かつては振込回数10回が重宝されていましたが、今では月50回無料にすることが可能なSBI新生銀行や、預金金利(税引前)0.2%で月15回無料にすることが可能なauじぶん銀行がありますので、ここまでしてランク3にする価値は少なくなっています。

SBI新生銀行に関しては、こちらで詳しく解説しています。

また、自動入金・出金サービスを全ての支店で利用することができる点はNEOBANKのメリットです。

自動入金サービスは月5回まで設定可能、自動出金(振込)サービスは振込無料回数分は無料で設定することが可能です。

NEOBANKのポイントサービスの中には、定額自動入金の利用がポイントの付与条件になっている支店もあるので、活用していきたいところです。

定額自動入金がポイント付与条件の支店
  • 通常支店(スマプロポイント)
  • 第一生命NOBANK
  • JAL NEOBANK

注意点として、2024年3月27日以降のスルガ銀行を利用した定額自動入金サービスは1件330円の手数料がかかるようになっています。※公式サイト

常設ポイントキャンペーン

支店名ポイントポイント総獲得数
(ノーリスク)
通常支店などスマプロポイント35P/月
T NEOBANKTポイント745P〜/月
第一生命NEOBANK第一生命
NEOBANKポイント
735P〜/月
JAL NEOBANKJALマイル20マイル〜/月
ヤマダNEOBANKヤマダポイント50P/月
京王NEOBANK京王ポイント最大155P/月

付与されるポイントの種類によって、キャンペーンが異なってきます。この中でも特にお得なのが、T NEOBANKでノーリスク獲得数は月745Pとなっています。

ここでは各支店のポイント獲得方法について解説していきます。

通常支店など(スマプロポイント35P)

住信SBIネット銀行のポイントプログラムであるスマプロポイントは1ポイント=1円 or 0.4JALマイルとして換算されます。交換する場合は500Pから100P単位での交換が可能です。

マイルは特典航空券への使用であれば1マイル=約2〜5円以上の価値を発揮しますので、使用用途によってはマイル交換が良いでしょう。

ノーリスクでポイントの獲得が可能なサービスは以下の2つで月35Pになります。

ノーリスクで達成可能な条件
  • 定額自動入金1件 30P/月
  • 口座振替1件 5P/月

定額自動入金サービスは毎月の指定日に他の銀行口座から指定金額を自動で入金するサービスです。

1度設定すれば毎月自動で行われ、月5回まで他行振込手数料の無料回数が関係無く設定可能です。

前述しましたが、スルガ銀行からの自動入金は1件330円の手数料がかかるので注意してください。

定額自動入金と自動振込を活用することで、給料専用口座 → NEOBANK口座 → メイン口座へのお金の移動を全て自動にすることができます。

その他には、賃貸住宅の家賃引き落とし口座へのお金の移動を自動化することもできます。

ただし、自動振込は1件につき他行振込無料回数が1回消費されるので注意してください。※無料は月5回まで

このように毎月もらえるポイント数はかなり少ないので、口座を持っていればやるくらいのスタンスで良いと思います。

T NEOBANK(745P〜)

T NEOBANKはTマネー株式会社と提携した支店であり、ポイントプログラムはTポイントとなっています。

ノーリスクで獲得できるポイント数が745P〜となっており、これは簡単に獲得できる銀行関連のポイントサービスの中でも最上位に位置します。

それらのサービスは以下になります。

ノーリスクで達成可能な条件
  • 給与・年金受取 30P
  • 即時決済サービス 200P
  • その他決済サービス 5P
  • 口座振替 5P/1件 ※上限無し
  • 1万円以上の他行振込 500P

注目すべきサービスは月500Pが獲得できる1万円以上の他行振込です

これを獲得するためには、他行から1万円以上の振込を25回する必要があります。

作業自体は面倒ですが、これだけで1年に6,000円ゲットすることができるので、かなりお得です。

振込手数料無料回数が多い銀行口座としては、SBI新生銀行が月50回まで無料なのでおすすめです。

振込1件あたり20〜30秒かかるので、25件だと10分程度で終わります。

振込手数料無料回数の多い銀行に関しては、こちらで詳しく解説しています。

さらに、やや面倒ですが、即時決済サービスを1日1件、10日かけて最大10件行うことで月200Pを獲得することができます。

1日のカウントは0:00~23:59となっているので、この時間帯に1回行う流れになります。

これは口座を保有している証券会社のWEBサイトで、当口座から1万円の入金手続きを行うことで達成されます。(証券会社以外はこちらを参照)

1日1件までが対象で、1件1分くらいでできるので、覚えていたらやるくらいでも良いと思います。

T NEOBANKのポイントサービスについては、こちらで詳細に解説しています。

第一生命NEOBANK(735P)

第一生命NEOBANKは第一生命保険株式会社と提携した支店であり、ポイントプログラムは第一生命NEOBANKポイントに新しくなりました。

このポイントはスマプロポイントと同様、1ポイント=1円の価値となっており、500ポイント以上から現金のみに交換可能です。

さらに、ポイントプログラムの内容もT NEOBANKに次いでお得なポイントサービスとなっています。

ノーリスクで獲得できるポイント数が735P〜となっており、これはT NEOBANKと同等レベルのポイントサービスに位置します。

それらのサービスは以下になります。

ノーリスクで達成可能な条件
  • 1万円以上の他行振込 500P
  • 定額自動入金 30P
  • 即時決済サービス 200P
  • 口座振替 5P/件 ※上限なし

注目すべきサービスはT NEOBANKと同じ月500Pが獲得できる1万円以上の他行振込です

現状、自動で入金ができる銀行がないため、T NEOBANKと合わせて50回の振込作業が発生します。

月200Pを獲得することができる即時決済サービスもT NEOBANKと同様です。

手間はかかりますが、ノーリスクでもらえるポイントとしては割と大きいので、やる気のある人は取り組む価値があると思います。

また、第一生命は口座振替の月件数や利用金額に上限がありません。※ただし、スルガ銀行のような使い方はできない

定額自動入金の利用で毎月30Pもらえますが、スルガ銀行Dバンク支店の利用は手数料330円/件が発生するので注意しましょう。

現在、2月末までの条件達成で最大5,000円がもらえるキャンペーンを実施しているため、口座開設のタイミングとしては良いです。

実施中のキャンペーンについては、こちらで紹介しています。

第一生命NEOBANKのポイントサービスについては、こちらで詳細に解説しています。

JAL NEOBANK(20マイル)

JAL NEOBANKは日本航空JALと提携した支店であり、ポイントプログラムはJALマイルとなっています。

他の支店とは異なりマイルが付与されますので、その使い方次第では1円以上の価値を発揮します。活用できる人にとっては価値のあるポイントサービスになるでしょう。

ノーリスクでポイントの獲得が可能なサービスは、以下の2つで月20マイル以上となっています。

ノーリスクで達成可能な条件
  • 円普通預金残高100万円以上 20マイル〜
  • 定額自動入金 20マイル/月
  • 口座振替 3マイル/件(無制限)

月末時点での円普通預金残高でもらえるマイル数は以下になります。

月末普通預金残高付与マイル
100万円〜20マイル
300万円〜50マイル
500万円〜80マイル
1,000万円〜160マイル

資金力がある方は活用価値があるかもしれません。

定額自動入金の利用で毎月20マイルもらえますが、スルガ銀行Dバンク支店の利用は手数料330円/件が発生するので注意しましょう。

JAL NEOBANKの口座振替サービスは月の回数制限無しで1件につき3マイルが付与されます。※スルガ銀行のような使用はできない

また、ノーリスクではありませんがJAL Payへの合計2万円以上のチャージと利用により月150マイルが獲得することができます。

JAL Payは2023年11月にリリースされたJALのキャッシュレス決済であり、利用時のJALマイル還元率が0.5%(200円利用で1マイル)となっています。

つまり、2万円までの利用であれば通常還元0.5%とサービス付与分0.75%で1.25%の還元率となります。

月2万円までですが、1.25%のマイル還元であれば人によっては使用価値があるかもしれません。

ヤマダNEOBANK(50P)

ヤマダNEOBANKはヤマダデンキと提携した支店であり、ポイントプログラムはヤマダポイントとなっています。ヤマダポイントはヤマダ電機で1ポイント=1円として使用することができるほか、ANAマイルに4000P=1000マイルで交換することが可能です。

ノーリスクで達成可能な条件
  • 給与受取 30P/月
  • 口座振替 10P/件 ※月1件まで

給料振込はポイントがもらえる期間限定のキャンペーンがたまにあるので、その時に設定するので良いと思います。

ヤマダデンキをよく利用する方であれば、ヤマダデンキのみで利用できる『ヤマダPay5,000円以上の利用』200P/月は20%還元となるため、かなりお得です。

京王NEOBANK(最大155P)

京王NEOBANKのポイントプログラムは京王ポイントとなっており、京王グループの店舗で1ポイント=1円として使用することができます。京王線ユーザーに特化したポイントになっているため、それ以外の方はポイント価値は無いので注意してください。
公式サイト:ポイントが使える対象店舗

ノーリスクでポイントの獲得が可能なサービスは、以下の3つで月最大155Pとなっています。

ノーリスクで達成可能な条件
  • 円預金残高 3〜100P/月
  • 口座振替 5P/件(5件まで)
  • 給与・年金受取 30P/月

円預金は月末時の残高であるため、500万円を容易に移行できる方はいいかもしれませんが、付与ポイント数とポイントの汎用性を考えると、実行価値としては低いと思います。

口座振替や給与・年金受取も他の銀行のキャンペーンに使用した方が効率的です。

せめてもう少しポイント数を上げて欲しいところです。

期間限定キャンペーン

上記で紹介したNEOBANK支店は、他の銀行と比較して期間限定の様々なキャンペーンを実施していることが多いです。

キャンペーンの開催情報はこちらのサイトにあります。
NEOBANK:キャンペーン情報

中にはお得なキャンペーンも存在するので、チャンスは逃さずGETしていきましょう。

特にサービスが誕生した際に実施されるキャンペーンがお得になりやすいです。

ヤマダ NEOBANK

2024年5月31日までの間、最大5,200円相当がもらえるSpringキャンペーンが実施されています。

特典の内訳は以下のようになっています。

条件付与ポイント付与時期
ヤマダPayの利用10%還元
最大5,000P
6月末
他行振込最大200P6月末

ヤマダ Payの利用で、通常還元分1.0%に追加して+10%されます。

ポイントの付与上限が5,000Pであるため、利用上限としては5万円までになります。

ヤマダPayの支払いは『ヤマダNEOBANK口座支払い』のみが対象となり、ヤマダLABIカードでのお支払いは付与対象外なので注意してください。

また、他行振込1件毎に20P、最大5件までが対象となり100P付与されます。

さらに、ヤマダNEOBANKデビットを利用することで+100P付与されます。