スポンサーリンク

【JAL Pay】クレジットカードからチャージが可能に!ANA Payとの違いは?JAL Payのお得な活用方法を紹介!

JAL Pay

JALのキャッシュレス決済であるJAL Payが2023年11月にリリースされました。

JALのプリペイドカードであるJAL Global WALLETのサービスを新たなキャッシュレス決済としてまとめたものになっています。

活用価値の高いANA Payに対抗していると思われますが、果たしてJAL Payにも価値があるのか検証していきます。

この記事では、

  • JAL Payの基本性能
  • JAL Payの期間限定キャンペーン
  • JAL Payの活用方法

これらについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

JAL Payの基本性能

利用時マイル還元率0.5%
※200円毎に1マイル
※キャッシュチャージ分のみ
決済方法・QUICPay+ 
・Mastercardタッチ決済
・バーコード決済
・オンライン決済
・カード決済
  
チャージ方法キャッシ
クレジットカード

(Mastercard / JCB / Diners)
JAL NEOBANK / 銀行振込
マイル
JALマイル
(1マイル=0.5円1.1円
※交換マイル数による
残高・チャージ上限ショッピング+ATMコース
100万円/回、日
ショッピング専用コース
30万円/回、日
コース未選択
5万円/回、日
残高の有効期限5年間
※残高増減でリセット
※JALカードのみVisaもチャージ可能

2024年4月2日、待望されていたクレジットカードからのチャージが可能になりました。※公式サイト

各性能について解説していきます。

決済時のマイル還元率

JAL Payは決済利用金額の0.5%がJALマイルで還元されます

特別航空券の購入のように、使い方によっては1マイル=2円以上の価値を持たせることも可能です。

ただし、仮に100万円利用しても5,000マイルしか積算されないので、本格的にマイル貯める方法としては向いていません。あくまでサブ的なマイル獲得方法となります。

また、マイル還元率0.5%はクレジットカードや銀行からチャージしたバリュー残高のみが対象となっています。

マイルから交換してJAL Payで使用できるJAL Payポイントはマイル還元の対象外ですので注意してください。※これはANA Payも同様

決済方法

JAL Payの決済方法は豊富に存在しています。

実店舗で利用可能なQUICPay+Mastercardタッチ決済コード決済、JAL Global WALLETカードを用いたカード決済があります。

JAL Global WALLETカードは無料で作れるプリペイドカードです。

また、オンライン決済も使用することができます。

ANA Payよりも決済方法は豊富に存在します。

チャージ・利用先の詳細についてはこちらで解説をしています。

キャッシュチャージ

チャージ方法はキャッシュとマイルの2タイプが存在します。

キャッシュの場合、JAL NEOBANKをはじめとする銀行だけでなく、2024年4月2日からクレジットカードからのチャージに対応しました。※公式サイト

チャージ可能なブランドはMastercard / JCB / Dinersとなっており、VisaJALカードのみ使用できます。

この大きな改善により、JAL Payの活用機会も増え、JALマイルも自然と貯めやすくなります。

おすすめのチャージ元についてはこちらで解説しています。

注意点として、JALカード → JAL Payへのチャージは、JALカードのマイル還元対象外です。

特に、ショッピングマイル・プレミアム(マイル還元率1.0%)である方は、JAL Payへチャージ利用分が対象外になるため、JALマイルを貯めたい方にとっては0.5%分非効率になります。

さらに、JALカードの利用時の積算マイルが対象となるLife Status ポイントも同時に対象外となります。

Life Status ポイントは、JAL Payの利用でも貯めることができ、積算マイル500マイル毎に1Pが付与されます。

しかし、こちらもやはり、JAL PayよりもJALカードを利用した方が2.5倍効率は良いです。※JAL Payが10万円利用で1P、マイル還元率1.0%のJALカードは10万円利用で2.5P

マイルチャージ

マイルをJAL Payで利用する場合、1度JAL Payポイントに交換してからチャージする必要がありますが、以下のデメリットが存在します。

マイルをJAL Payで利用する際のデメリット
  • 10,000マイル以下の交換レートは50% or 60%と悪い
  • 1マイル1円以上の交換レートになるのは、10,000マイル以上の交換が必要

JALマイル→JAL Payポイントの交換レートが1マイル=0.5P〜1.1Pとあまり良くはありません。

JAL Payポイントへの交換に必要な最小マイル数は500マイルからとなっており、交換レートを以下に示します。

交換マイル数付与ポイント
1マイルあたりの交換レート
JAL NEOBANK
保有
JAL NEOBANK
保有
500〜8,0000.6P0.5P
10,000以上1.1P

交換マイル数が多ければ、交換レートは上がりますが、1マイル=1円以上の価値を持たせるには1度に10,000マイル以上の交換が必要です。

この交換レートの悪さから、貯めたマイルを特別航空券などに活用せず、10,000マイル以下でJAL Payポイントに交換することはおすすめしません。

しかし、10,000マイル以上でのマイル交換であれば、ANA Payよりも優れた110%の交換レートで使用することが可能です。

この時のJAL Payの実質還元率は0.55%になります。

2024年6月30日までであれば、期間限定のレートアップキャンペーンとして、JAL Payポイントへの交換レートが110% → 130%にアップします。

JAL Payの実質還元率は0.65%になるので、JALマイルの使い道が無い方はこちらを活用しましょう。

期間限定キャンペーンについてはこちらで解説をしています。

ただし、還元率0.5%のJAL Payだけで貯めようとすると200万円の利用が必要です。

JALマイルは付与から3年後の月末で失効します。

そのため、3年で10,000マイル貯めるためには年間67万円月間55,600円をJAL Payで決済利用する必要があります。

クレジットカードからチャージが可能になっったことで、高還元の決済ルートに組み込むことが可能となり、月間55,600円は容易に達成できると思います。

もしくはキャンペーンをうまく活用して、10,000マイル以上貯めることをおすすめします。

JAL Payのマイル利用の他のメリットとして、期限切れ間近のJALマイルを有効活用する方法としても使用できます。

残高・チャージ上限

残高及びチャージ上限はJAL Payのコースに依存してきます。

コース残高・チャージ
上限
月の利用限度額
ショッピング
+ATMコース
100万円/回、日200万円
ショッピング
専用コース
30万円/回、日100万円
コース未選択5万円/回、日5万円

ショッピング+ATMコース残高上限100万円チャージ上限100万円/回、日となっています。

このコースになるためには、ショッピング専用コースで本人確認書類の提出が条件となります。

ショッピング専用コース残高上限30万円チャージ上限30万円/回、日となっています。

JALマイレージの会員であればショッピング専用コースになることが可能です。

コース未選択の場合残高上限5万円チャージ上限5万円/回、日となっています。

また、各コースの他のメリットを以下にまとめます。

コースメリット
ショッピング
+ATMコース
 ・海外ショッピング
 ・外貨両替
 ・両替時のマイル積算率0.7%
 ・海外ATM出金
 ・バリュー残高出金
ショッピング
専用コース
 ・海外ショッピング
 ・外貨両替
 ・両替時のマイル積算率0.5%
コース未選択なし

コースのグレードが上がるにつれて、海外利用の汎用性が上がっていきます。

両替可能な通貨であれば、海外利用時にかかる事務手数料が無料です。※当社取扱い15通貨

また、チャージ金額の払い戻しができますが、銀行からチャージした残高限定です。※JAL NEOBANK以外は1件550円の手数料が必要

コースによってJAL Payの還元率が変わることはないので、そこまでチャージ利用しない方や、上記のメリットを特に使わない方はグレードを上げる必要性はありません。

期間限定キャンペーン

2024年6月30日までの間、期間限定のJAL Payリニューアルキャンペーンを実施中です。

主なキャンペーン内容は以下になります。

キャンペーン付与マイル, P期間
JAL Pay
新規設定&利用
最大300P〜4月30日
終了
マイルチャージ
レートアップ
1万マイル以上の交換
→130%
~6月30日
クレジットカード
チャージ
他社クレカ
300マイル

JALカード

月300〜500マイル
~6月30日

特におすすめが『JAL Pay クレジットカードチャージキャンペーン』です。

キャンペーンの詳細

JAL Payの新規設定&利用(終了)

条件 JAL Pay新規設定&利用
期間〜4月30日
付与分JAL Payの設定
→ 50JAL Payポイント


②クレジットカードから

2,000円以上のチャージ
→ 250JAL Payポイント
付与時期50P:即時
250P:5月末

JAL Global WALLETカードを既に所有している方でも、JAL Payの設定が初めての方は付与対象です。

クレジットカードから2,000円以上のチャージによる250P付与は、期間中にJAL Payを新規設定した方のみ対象です。

マイルチャージ レートアップ

条件10,000マイル以上の
JAL Payポイントへの交換
期間〜6月30日
付与分13,000P
※交換レート130%
付与時期即時

10,000マイル以上をJAL Payで交換する時の交換レートが110% → 130%にアップします。

通常11,000Pになりますが、この期間中は13,000Pに増加します。

JALマイルの使い道が無い方は、特におすすめのキャンペーンです。

JAL Pay クレジットカードチャージ

条件クレジットカードから
JAL Payへのチャージ
エントリー有無あり
期間〜6月30日
付与分他社クレカ:300マイル
JALカード
月300〜500マイル
付与時期利用月の翌月末まで

こちらは事前エントリー(登録)が必要です。忘れずにしておきましょう。※公式サイト

クレジットカードからJAL Payへチャージした時の金額に応じてJALマイルが付与されます。※月5万円まで対象

他社カードは、チャージ額に対して+0.6%還元されるため、 5万円チャージ時に最大300マイルが付与されます。

また、他社カードを利用した場合、初回チャージした月のみが対象です。

そのため、キャンペーンにエントリー(登録)後、今月1回でもチャージするとその月しか+0.6%は適用されないので注意してください。

一方、JALカードは普通カードはチャージ額に対して+0.6%還元、その他は+1.0%還元されるため、5万円チャージ時に最大300マイル or 500マイルが付与されます。

さらに、JALカードは4月、5月、6月でチャージすることで各月で付与されます。

そのため、普通カードであれば最大900マイル、その他は最大1,500マイルの付与となります。

月5万円までのチャージ利用であれば、JALマイルの還元率が実質1.1% or 1.5%になるため、JALカード利用時の1.0%還元よりも少しお得です。※JAL Payへチャージ利用時の通常マイル還元は無し

チャージ時の還元率1.0%になるJALカード
  • プラチナ
  • CLUBーA ゴールド
  • CLUBーA
  • ショッピングマイルプレミアムの普通カード

ANA Payとの違い

利用価値の高いANA Payとの比較を行います。

ANA Payは、利用時のANAマイル還元率0.5%であるANAのキャッシュレス決済です。

JAL Payのメリット
  • クレジットカードからチャージが可能
  • リアルカード決済が利用可能
  • 様々なプリペイドカードにチャージ可能
  • JALマイルを最大1.1倍で利用可能(キャンペーン中は1.3倍)
ANA Payのメリット
  • クレジットカードからチャージが可能
  • 決済ルートへの組込みが可能
  • ANAマイルを1マイル=1円のレートで1マイルから利用可能

クレジットカードからチャージできる点がANA Pay最大のメリットでしたが、JAL Payも対応したため、両者の価値はほぼ同等になりました。

JAL Payのメリットは、チャージ利用可能なプリペイドカードが多い点です。※今後、チャージ不可になる可能性あり

様々なプリペイドカードにチャージ利用することができ、現状ではJALマイル0.5%還元も対象となっています。

JAL Pay → ANA Payのチャージも可能であるため、どちらが良いではなく、どちらも活用する方がおすすめです。

ANA Payのメリットとしては、0.5%還元のままの価値でマイルが使用できる点です。

ANAマイルをANA Payで使う場合、1マイルから1円で使用することができるため、損失無く使うことができます。

一方、JAL Payは10,000マイル以上をJAL Payで利用する時であれば10%お得になります。

JAL Payの活用方法

クレジットカードからチャージできるようになったため、高還元の決済ルートに組み込む価値が出ました。

ここでは、おすすめの活用方法について解説していきます。

お得なチャージ元

クレジットカード

チャージ元は、JALカード以外の高還元率のクレジットカードがおすすめです。

JAL PayはMastercard / JCB / Dinersのクレジットカードからチャージすることができます。

おすすめのクレジットカードは以下になります。※年会費無料のみ

クレジットカード還元率ブランド
三井住友カード
ゴールドNL
最大2.0%1Mastercard
三井住友カード
ビジネスオーナーズ
ゴールド
最大2.0%1Mastercard
Tカード
Prime

最大1.5%※2Mastercard
JQ CARD
セゾンゴールド

※5
最大1.5%※3JCB
PayPayカード
最大1.5%※4Mastercard
JCB
マネックスカード
1.0%JCB
SAISON
GOLD Premium
最大1.0%※4JCB
※1 年間100万円利用時 + リボ特典利用時
※2 日曜日利用時
※3 年間100万円利用時
※4 PayPayステップ達成時
※5 JQ CARDセゾンJCB利用時のインビテーションで発行可能

クレジットカードの中には、JAL Payチャージ利用分がポイント還元の対象外になる可能性があります。

クレジットカードを利用する際は、JAL Payチャージへの利用がポイント還元の対象かどうかの最新情報を確認することをおすすめします。

JAL NEOBANK

銀行からのチャージでは唯一マイルが付与されるJAL NEOBANKも存在します。

こちらは常設キャンペーンとして、JAL Payに2万円以上のチャージ&利用をすることで毎月150JALマイルがもらえます。

つまり、2万円までの利用で実質還元率+0.75%となるので、JAL Payの還元率も合わせるとJALマイル還元率は1.25%になります。

注意点として、NEOBANK側でのマイル付与条件はJAL Payへのチャージだけではなく当月中の利用も必要になります。

JAL NEOBANKの性能については、こちらで詳しく解説しています。

お得な使用・チャージ先

JAL Payの使用・チャージ先について説明していきます。

現状の決済ルートで活用されているANAPay / WAON / au PAYプリペイドカードへのチャージが、チャージ可能かつマイル還元の対象となることが重要です。

現状の確認状況は以下となります。※変更する可能性があり

チャージ先チャージ
可否
マイル
還元対象
ANA Pay
※Apple Pay
WAON
※Apple Pay
au PAYプリペイド
IDARE
B/43
ファミペイ
MIXI M
バンドルカード
Kyash
TOYOTA wallet
2024年4月3日現在

ANA PayやWAON、au PAYプリペイドカード(au PAY)へのチャージ利用が、JAL Pay利用時の還元率0.5%の対象であることが確認できています。※ANA Pay、WAONに関してはApple Payのみ

このため、JAL Payを用いることで決済ルートの実質還元率を+0.5%上げることが可能です。

お得な決済ルートについては、こちらで詳しく解説しています。

不正利用時の補償

不正利用時の補償に関しては、会員規約にて以下のように言及しています。

第37条(不正使用補償サービス)※一部抜粋
5 補償限度額および支払方法は、以下のとおりとします。
(1)当社は、補償対象期間中に会員等以外の第三者に不正使用された金額(JAL Pay アカウ
ントおよびJAL Payサービスに係る手数料を含みます。)から、当社以外の第三者から回
収できた金額を差し引いた金額を補償します。
(3)1会員あたりの補償限度額は、年間10万円とします。なお、入会日にかかわらず、1月1日から同年12月末日までを年間単位とします。

不正利用されたと判明して30日以内に適切な対応を取れば補償されますが、年間10万円までの制限が存在するようです。

補償内容が乏しい一方で、JAL Payには利用一時停止の機能が付いています。

不正利用されないためにも、必要以上のチャージは避けること、使用しない時は一時停止するようにしましょう。