スポンサーリンク

【Olive】作るべき?使ってわかったOliveのメリットと活用方法を紹介!

Olive

三井住友フィナンシャルグループが2023年3月1日に新サービス”Olive”をリリースしました。

Oliveの概念は”モバイルアプリ上のお取引”によるサービスの提供

三井住友銀行アプリ一つでカード機能の支払い設定や銀行口座、証券口座を管理することができる仕様となっています。

シンプルでスマートな印象ですが、Oliveのサービスは意外と複雑です。

この記事では、

  • Oliveの特徴とお得なサービス
  • ポイントアッププログラムの活用方法
  • Oliveを作るべきかの判断基準

これらをわかりやすく解説していき、Oliveがどういうものか丁寧に解説していきます。

スポンサーリンク

Oliveとは

olive

Oliveとは、5つのサービスを使用することで提供されるサービスのことで『Oliveアカウントのように呼称します。

既にSMBCの銀行口座を持っている人は新規にもう一つ口座を作る必要はなく、既存口座を使用することが可能です。

Oliveアカウントを作るために必要なサービスは以下の5つになります。

Oliveアカウント作成に必要なサービス
  • Oliveフレキシブルペイ
    → クレジットカードの作成
  • SMBC ID
    → IDの作成(設定)
  • SMBCダイレクト
    → 利用登録
  • 残高別金利型普通預金または普通預金
    → 口座の作成(既存口座でOK)
  • Web通帳
    → 紙通帳を使用してる場合、設定変更

下記3つについては、既に使用している方は多いと思われます。

この中で最もハードルが高くなるのが、『Oliveフレキシブルペイ』と呼ばれるOliveのクレジットカードの作成です。

このカードの本体性能はそこまで高く無いため、クレジットカードを複数枚持ちたく無い人はOliveのメリットを踏まえて判断してください。

SMBC IDとは、メールアドレス1つで、Vpass・三井住友銀行どちらのアプリにもログインできる共通のIDのことです。

現在使用しているログインIDを使用することができるため、共通IDとして設定のみで済みます。

Oliveの特徴

Oliveアカウントの特徴の1つは、以下を1つのアプリでまとめて管理できることです。

Oliveの管理項目
  • 口座残高
  • フレキシブルペイカード利用設定と明細
  • SBI証券口座
  • 保険情報

口座残高

こちらはSMBCダイレクトでもできるように、オンラインで口座の中身を確認することができます。

SMBCの銀行口座を持っていない方は、アプリ上でデジタル口座の開設手続きが可能となります。

既に持っている方も多いかと思いますが、もちろん既存の三井住友口座を使用することも可能です。

Oliveフレキシブルペイカード利用設定・明細

Oliveフレキシブルペイカードは、クレジットカードとしての機能だけではなく、キャッシュカードと3つの支払い方法を合わせ持つカードです。

3つの支払い方法とは、以下になります。

Oliveフレキシブルペイを使用した支払い方法
  • クレジットカード
    (各月指定日引き落とし)
  • デビットカード
    (決済口座から即時引き落とし)
  • ポイント払い
    (チャージ残高から引き落とし)

支払い方法の設定は、アプリ上で切り替えをします。

キャッシュカードの機能が付いたクレジットカードは、イオンカードセレクトの他にいくつか既に存在していますし、現在はアプリのみでATMが使用できるネット銀行の方が利便性は高いと感じます。

銀行よりもコンビニの店舗数の方が圧倒的に多いため、個人的にキャッシュカードの必要性は感じていません。(むしろ、持ち運びの面倒や紛失時のリスクが生じる)

状況に合わせて3つの決済方法をカード1枚で完結できるのは新規性はあります。

ただ、決済方法はアプリでの切り替えが必要になるので、決済前に切り替えをしないといけないと考えると正直手間かなと思います。

さらに、この機能が付加されたことによって、ID払いの使用方法を一部制限されてしまうデメリットも存在します。

クレジットカードとデビットカードを日常で使い分けすることが個人的には無いので、支払い方法の利便性はあまり感じていません。アプリの処理速度がもう少し速くなれば・・

Oliveフレキシブルペイカードについてはこちらで詳しく解説しています。

SBI証券口座

SBI証券との連携が可能となり、口座内の資産確認や投資信託の取引が同アプリで利用可能となります。

SBI証券口座の総資産額などの簡単な情報はアプリ内で確認できますが、詳細情報や取引をする場合は、SBI証券のサイトに飛ぶ仕組みです。

普通にブラウザで検索した方が早いかもしれません。

保険情報

メインの目的としては、保険商品の提供です。保険内容の確認もさほど頻繁にするものではないと思うので、活用機会は少ないでしょう。

Oliveの特典

Oliveアカウント作成によって受けられる特典は”基本特典””選べる特典”、そして”Vポイントアッププログラム”です。

繰り返し言いますが、Oliveアカウント作成にはクレジットカードであるOliveフレキシブルペイカードの作成が必要です。

三井住友カード所有者はこの特典をどう捉えるかが新カード作成の判断の分かれ目となります。

年会費は無料ですが、クレジットカードを増やすことに抵抗がある方は受けられる特典メリットの大きさで検討してください。

①基本特典

Olive基本特典
  • SMBCダイレクト 他行振込手数料 月3回まで無料
  • 当行本支店ATM・三菱UFJ銀行店舗外ATM利用手数料無料
  • 定額自動送金の手数料が無料 ※登録は3件まで
  • 定額自動送金の手数料が無料同一口座の登録は2回まで

定額自動入金

2024年4月から、Oliveにも他行銀行から自動入金される定額自動入金の機能が導入されました。※公式サイト

引落日5日 or 27日
初回引落日契約後、7営業日以降から反映
入金日引落日から4営業日後
引落口座本人名義限定
利用手数料無料
契約数3件まで
入金金額1万円〜100万円
※1,000円単位

他行銀行口座の引落日は5日 or 27日で設定可能で、その4営業日後にOliveの口座へ入金されます。

初回引落日は契約日を1営業日として、8営業日目から反映されます。

つまり、4月5日に引き落としするためには、3月26日までに契約完了しなければなりません。

4月27日に引き落としするためには、4月18日までに契約完了する必要があります。

契約数が3件までと他の銀行に比べたら2件少ないのは、定額自動振込の件があったからかもしれません。

Olive口座への入金日は、引落日から4営業日後になります。

住信SBIネット銀行と同じ設定であるため、2024年の引落日と入金日はこちらを参考にしてください。

定額自動入金の活用方法としては以下になります。

定額自動入金の活用方法
  • シンプルな資金移動に利用
  • 選べる特典の給与・年金受取の条件達成
  • スルガ銀行ポイントプログラムの利用
選べる特典の給与・年金受取の条件達成

Oliveアカウントで最も価値が高い特典である、『給与・年金の受取で毎月200Vポイント付与
(2ヶ月連続で3万円以上の被振込でも可)』を定額自動入金で条件達成することができます。※公式推奨

1度で3万円以上の振込受取が必要になるので、3万円以上で定額自動振込を契約すれば毎月200Pが付与されます。

振込忘れも無くなるので、忘れ符がちな方は積極的に活用していきましょう。

スルガ銀行ポイントプログラムの利用

定額自動入金といえば、お馴染みのスルガ銀行Dバンク支店口座振替のポイントサービスの利用です。

定額自動入金の引き落とし先として設定することで、スルガ銀行側で1件5〜10P付与されます。

微々たる物ですが、使用用途が特にない方にとってはおすすめの活用方法です。

定額自動送金

Oliveアカウントは当初、定額自動送金が何度でも手数料無料でリリースしましたが、蓋を開けると同一口座は2件までに制限されるという残念な結果となってしまいました。

本来はこの特典を用いることで、各銀行で行われているポイントサービスに対して、振込自動化の実用性を大幅に向上させることができる手筈でしたが、想定以上の利用数だったと思われます。

(このように、前例がないようなサービスは早期で終了することが多いので、後でやろうではなくすぐに取り掛かることをおすすめします。)

さらに、期間限定キャンペーンであった他行振込手数料無制限無料は、2023年11月30日で終了しました。

2023年12月以降は月3回のみ手数料無料となり、振込機能としての価値はほとんど無くなっています。

定額自動送金は登録している振込分に関しては、振込回数にカウントされないので、無料回数に関係なく無料で使用することができます。

これにより、再び振込無料回数が多い銀行の優位性が高くなりました。

振込無料回数が多いおすすめの銀行については、こちらで解説しています。

振込自動化についてはこちらの記事で丁寧に解説しています。

②選べる特典

選べる特典とは、毎月自由に好きな特典を選択できるサービスです。

月内であれば何回でも選び直しが可能で、月末時点で選択している特典が来月に適用されます。

選べる特典
  • 給与・年金の受取で200Vポイント付与
    (2ヶ月連続で3万円以上の被振込でも可)
  • コンビニATM手数料 1回無料
  • Vポイントアッププログラム 還元率1%UP
  • 月末口座残高10,000円以上で100Vポイント付与

Oliveアカウントランクが一般またはゴールドの場合は1つプラチナプリファードの場合は2つ選択可能です。(申込月とその翌月は2つ選択可能)

選択の優先順位としては、後述するVポイントアッププログラムの利用額に応じて変わってきます。

特典選択月の翌月でのVポイントアップ対象店での利用額に応じて、特典を選択する方が効率的です。

20,000円以上 ➡︎ Vポイントアッププログラム

20,000円未満 ➡︎ 給与・年金受取(2ヵ月連続で3万円以上の被振込)

給与・年金受取の特典だけでも毎月200Vポイントの付与毎年2,400Vポイントが獲得できます。

さらに、給与の受取口座として設定できない方も、毎月30,000円以上の被振込が2ヶ月以上あれば給与受取実績として認定されます。公式サイト

詳細条件としては、

公式サイトから抜粋
  • 月末時点で選択している特典が来月に適用
  • 2ヵ月連続1度に3万円以上の被振込がある場合、2ヵ月目は給与受取実績があるとする
  • 給与受取もしくは年金受取の実績がある場合、翌月初第3営業日翌日に200ポイント付与

これらを踏まえると、

1ヶ月目:来月の選べる特典を給与受取の特典を選択 & 3万円以上の被振込

2ヶ月目:3万円以上の被振込 & 給与受取実績が認定

3ヶ月目:給与受取特典の200Pが付与

このような流れになります。

継続して特典を受けるためには毎月30,000円以上の被振込が必要ですので、面倒な方は上述した定額自動入金機能の活用をおすすめします。

コンビニATM手数料が1回無料の特典はなぜここに含まれているか不思議な特典なので、詳しくは言及しません。

これを必要とするくらいなら、ATM手数料が複数回無料の他の銀行口座を作成した方が良いでしょう。

③Vポイントアッププログラム

Oliveアカウントの特典の中でインパクトが1番大きいVポイントアッププログラムを解説していきます。

対象店舗』において、『Visaタッチ決済で決済をすること』で最大20%(通常還元0.5%含む、上限50,000ポイント)のポイント還元にすることができます。(事前エントリー等は無し)

還元サービスの内訳はこのようになっています。

ポイント還元率の条件
  • カード利用による還元
     ➡︎ +0.5%
  • 対象店舗でのタッチ決済利用分
     ➡︎ +6.5%
  • 家族登録分 ※1人につき1.0%
     ➡︎ 最大+5.0%
  • Vポイントアッププログラム ※Oliveアカウント作成の特典
     ➡︎ +最大8.0%

対象の三井住友カードでタッチ決済することで還元率7.0%がスタンダードで付きます。

2024年4月22日~6月30日までの間、モバイルVカードの提示対象カードのタッチ決済利用によって、通常7.0%の還元率が10%まで上がるキャンペーンが実施中です。※公式サイト

事前に、各対象カードでのエントリーとV会員番号のID連携が必要となります。

また、最大+8.0%還元率がUPする”Vポイントアッププログラム”はこのカード独自のものではなくOliveアカウントを作成により得られる特典です。

つまり、Oliveアカウントを作成しなくても最大12%の還元率にすることができます。

また、”Vポイントアッププログラム”はOliveフレキシブルペイカードの利用が対象ではなく、SMBC IDに登録したカードであれば、既存カードでもVポイントアッププログラムの還元は受けることができます。※公式サイト:対象カード一覧

Oliveアカウントさえ作ってしまえば、三井住友カードNLのようなカードの利用分も最大20%還元されるということになります。

利用時の注意点

  • 支払い方法は必ず『Visaタッチ決済』で
  • Oliveフレキシブルペイは必ず『クレジットモード』で

対象店舗で支払う際は、必ずVisaのタッチ決済で支払うことを忘れないようにしましょう。

まだ、IDとVisaタッチを混同している店員さんもいるので、『Visaタッチ決済で』と伝えるとID払いと間違える可能性が出てきます。しかし、ID払いは還元対象外です。

Visaタッチ決済はクレジットカードによる決済の一種になるので、支払い時は『クレジットカードで』と店員さんに伝えるようにしましょう。

もう一つの注意点として、Oliveフレキシブルペイを使用する際は必ずクレジットモード払いでタッチ決済するようにしましょう。

デビットモードでは、タッチ決済利用分(+6.5%)家族登録分(最大+5.0%)還元対象外となります。

さらに、ポイント払いモードは通常還元分以外全て還元対象外です。

対象店舗と効率的な使い方

対象店舗は以下のようになっています。※4月7日時点

コンビニ

ファストフード・カフェ

ごはん

すかいらーく系列

Vポイントアッププログラム対象店舗(対象店舗一覧
コンビニ
セブン‐イレブンローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100、ローソンスリーエフ)、ミニストップ、セイコーマート(タイエー、ハマナスクラブ、ハセガワストア)、ポプラ(生活彩家)
カフェ
マクドナルド(モバイルオーダーはタッチ決済利用不可)、モスバーガー、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェ
ご飯
すき家、かっぱ寿司、はま寿司、ココス、サイゼリヤ、ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉、ジョナサン、夢庵、その他すかいらーくグループ飲食店(ステーキガスト、から好し、むさしの森珈琲、藍屋、グラッチェガーデンズ、魚屋路、chawan、La Ohana、とんから亭、ゆめあん食堂、三〇三)

この中で、普段よく使う店がある人はVisaタッチを活用するようにしましょう。

おすすめの対象店舗としては、セブンイレブンローソンの2つで、チケッ購入時に活用することができます。

どちらもチケットを払う際にVisaタッチ決済が利用できるため、チケット代に対して最大17%のポイント還元率となります。

ローソンは上限金額がなく利用できるのですが、セブンイレブンは1万円までの決済しかできない点に注意してください。

1万円以上の利用になる場合は、ローソンを利用するようにしましょう。

達成条件しやすい条件

Vポイントアッププログラムの還元率+8%にする条件は以下になります。

対象当月中の条件還元率
三井住友銀行アプリ
アプリログイン1回以上+1.0%
選べる特典「Vポイントアッププログラム+1%」を選択+1.0%
SBI証券 2024年5月1日〜
Vポイントで投資10,000ポイント
以上の利用
+1.0%
NISA口座の
投資信託月末評価額
※三井住友カード
三井住友銀行
仲介口座限定
200万円以上+0.5%
Olive会員で
100万円以上
+0.5%
外貨預金
外貨預金への預入1回以上+0.5%
外貨預金の預入金額5万円以上+0.5%
外貨預金残高1万米ドル以上+1.0%
その他
住友生命Vitalityステータス最大+2.0%
住宅ローン契約あり+1.0%
SMBCモビット契約&Olive口座
での支払い
最大+1.0%

この中では、”アプリログイン月1回以上””選べる特典”最も簡単に達成可能です。

SBI証券

対象当月中の条件還元率
SBI証券 2024年4月30日まで
Vポイントで投資10,000ポイント
以上の利用
+1.0%
NISA口座の
投資信託月末評価額
※三井住友カード
三井住友銀行
仲介口座限定
200万円以上+0.5%
Olive会員で
100万円以上
+0.5%

SBI証券での条件達成には、SBI証券Vポイントサービスに登録することが予め必要です。

2024年5月1日から対象条件が変更され、より達成が難しいものになっています。

1つ目が、『合計10,000P以上のVポイントを投資利用』をすることで+1.0%上げることができます。

ただし、毎月10,000Pを貯めることはかなり難しいため、達成難易度はかなり高くなります。

また、NISA口座の投資信託月末評価額の条件に関しては、三井住友カード・三井住友銀行仲介口座の方のみが対象となりました。

注意点としては、月末時点での評価額で判断されるため、価格変動により100万円 or 200万円ちょうどの残高では条件達成できない可能性があります。

外貨預金

対象当月中の条件還元率
外貨預金
外貨預金への預入1回以上+0.5%
外貨預金の預入金額5万円以上+0.5%
外貨預金残高1万米ドル以上+1.0%

外貨預金は基本的に売買時に為替手数料が発生します。

ネットバンキングにおける預入時、払出時の為替手数料は以下になります。

通貨1通貨単位の片道手数料
米ドル0.5円
ユーロ0.7円
英ポンド2円
豪ドル1.25円
NZドル1.27円
スイスフラン0.45円
※ 4/7時点

”外貨預金への預入”は1回で良いため、1通貨の売買で条件達成となります。

最も手数料が安いスイスフランで売買する場合、0.9円の手数料が発生します。

また、ドル円であれば、預入0.5円+払出0.5円=1円の手数料がかかります。

200円以上のタッチ決済利用で元は取れるので、手間でない方は達成する方が良いでしょう。

外貨預金の預入金額5万円以上必要になります。

こちらは、外貨自動積立サービスの5万円以上毎月積立時為替手数料無料キャンペーンを活用しましょう。※終了未定

片道為替手数料が無料(積立日の翌々月下旬にキャッシュバック)になるため、通常の半分の手数料にすることが可能です。※払出為替手数料のみ発生

さらに、対象通貨に米ドルがあるので、低い手数料で取引が可能になります。

米ドル150円の場合、167円の手数料が取られます。※米ドル価格が下がるほど通貨の取引数量が多くなるため、手数料は多くなる

33,400円以上のタッチ決済利用で元が取れるようになるので、必要ある人だけで良いでしょう。

外貨預金残高月末1万米ドル以上必要になります。

1万米ドルを取引しようとすると、自動積立による片道手数料無料を活用しても売買で5,000円の為替手数料が発生します。

50万円以上のタッチ決済利用で元が取れるので、還元率目的ではやらない方がいいでしょう。

その他

対象当月中の条件還元率
その他
住友生命Vitalityステータス最大+2.0%
住宅ローン契約あり+1.0%
SMBCモビット契約&Olive口座
での支払い
最大+1.0%

住友生命Vitalityと呼ばれる月額制の健康プログラムに加入し、取り組み状況に応じてランクつけされるVitalityステータスに応じて、最大+2.0%還元になります。※公式サイト

最大ステータスの獲得方法はかなり複雑なので割愛しますが、標準プランが月額880円なので、還元率+2.0%であれば44,000円以上の決済利用で元を取ることができます。

住宅ローン契約”は条件が合う人のみ達成可能な内容なので、やる必要は無いでしょう。

また、”SMBCモビット”はやらないようにしましょう。

以上より、最大20%還元を達成することはかなり難しいことがわかります。

対象店舗での利用金額に合わせて、できる条件だけ達成するくらいのスタンスで良いと思います。

Oliveアカウント 作成する価値はあるか

ここまでOliveアカウントのサービスを解説していきました。

口座を登録するだけでOKであれば即作りましょうなのですが、Oliveアカウントを作るにはOliveフレキシブルペイカードを作成する必要があります。

クレジットカードを必要以上に増やしたくない方にはやや抵抗があると思いますので、Oliveで受けられるメリットを見て判断してください。

メリットとデメリット

まずはメリットとデメリットのおさらいです。

Oliveのメリット
  • カード1枚で3つの支払い方法を随時設定可能
  • 定額自動送金が手数料無料 ※同一口座2回まで
  • 定額自動入金サービスがある ※3件まで
  • 選べる特典で毎月200Vポイントもらえる
  • Vポイントアッププログラム対象店舗利用のポイント還元率UP(最大8%)
Oliveのデメリット
  • クレジットカードの発行が必須
  • 作るべき大きな強みが正直無い

現在、Oliveアカウントを作る個人的な判断ポイントは以下だと思います。

Oliveアカウントのメリット
  • 毎月200Vポイントもらえる
  • 対象店舗利用のポイント還元率UP

ただし、Vポイントアッププログラムの還元率アップも、頑張って3%上げれるかどうかです。

せめて、既存使用ユーザーにもOliveアカウント新規開設でポイントもらえるとかやって欲しかったなと思います。

Olive公式 新規作成キャンペーン

(終了)入金プラン上乗せキャンペーン 5,000P

2024年4月30日までの間、新規開設時に付与される1,000Pに追加して5,000Pもらえる入金プラン上乗せキャンペーンが実施されていました。

期間〜2024年4月30日
エントリー有無必須
条件①三井住友銀行の
普通預金口座を持っていない
条件②
※③と順不同
期間終了まで
Oliveアカウント新規開設
条件③5月31日までにエントリー
※3/16午後から可能
条件④5月31日まで
1回5万円以上の入金
付与ポイント5,000P
付与日6月末頃

5月31日までにエントリーが必要であること、1回で5万円以上の入金が必要であることが条件となっているので、この期間に口座開設した方は忘れずに行いましょう。

常設キャンペーン

SMBC側で新規の人に向けたポイントプレゼントキャンペーン(2024年5月1日〜版)を開催中です。

内容は時期によって変化していますが、徐々にもらえる金額が減っています。

三井住友の銀行口座、クレジットカード、証券口座を持っていないという方が対象であり、既に発行している方は対象外になります。

簡単にまとめると、以下の人がポイントプレゼントの対象となります。

付与ポイントの内訳
  • SMBCの口座開設を持っていない人
     ➡︎ 1,000Vポイント
  • 三井住友カードを発行したことがない人
     ➡︎ 5,000〜10,000VポイントPayギフト
    ※2021年2月からカード発行していないこと
  • SBI証券口座を持っていない人
     ➡︎ 最大12,600Vポイント

全て達成で、ノーマルなら18,600円、ゴールドなら20,600円、プラチナプリファードなら23,600円のVポイント及びギフトコードがもらえます。

条件の詳細

新規口座開設 1,000P
キャンペーン期限常設
付与条件10,000円以上の入金
条件達成期限開設月の翌月末まで
付与ポイント1,000P
注意点SMBCの普通預金口座を
持っていないこと
クレジットカード 5,000〜10,000P
キャンペーン期限〜2024年6月30日
付与条件Visaタッチ決済3回利用
条件達成期限開設月の翌月末まで
付与ポイントノーマル:5,000P
ゴールド:7,000P
PP:10,000P
注意点・2021年2月1日以降
新規で対象カードの発行がないこと
・2024年3月31日時点で
対象カードを所持していないこと
対象カード
SBI証券① 100P
付与条件新規口座開設

エントリー

Ⅴポイント登録
付与ポイント100P
注意点SBI証券口座を
作成していないこと
SBI証券② 2,500P
付与条件開設月2ヶ月後の
クレカ積立利用金額に対して
5%のポイント付与
※上限2,500円
付与ポイント最大2,500P
注意点SBI証券①の条件を
達成していること
SBI証券③ 10,000P
付与条件開設月3ヶ月後の10日時点で
クレカ積立継続利用

対象取引を実施
付与ポイント10,000P
注意点SBI証券①, ②の条件を
達成していること

クレジットカードのポイント付与条件が、『Visaタッチ決済の利用』に変更されたため、以前よりもより簡単になっています。

SBI証券のポイント付与条件が、クレカ積立の利用と対象商品の取引(投資信託 / 国内株式 / 米国株式 / 債券)が必要であるため、かなり手間がかかります。

こちらを利用するよりも、ポイントサイト経由で証券口座を作成する方が簡単でお得です。

SBI証券については、こちらで詳しく解説しています。

Olive口座のお得な作り方

三井住友銀行の口座を1度も作ったことがない方

三井住友銀行の口座を1度も作ったことがない方は、ポイントサイトを経由することでさらにお得にOliveを作ることができます。

現在、付与ポイント数が一際多いサイトがモッピーです。

モッピー経由でOlive口座を作成すると、通常3,000円 + 増量キャンペーン5,000円 + 紹介キャンペーン1,000円 = 合計9,000円分がもらえます。※公式キャンペーンと併用可能

詳細の流れは以下のようになっています。

エントリー&口座作成期限①〜③:2024年5月23日まで

① 被紹介用のエントリーフォームから紹介コード「SF00149-0000442」を入力してエントリー
  ※家族、友達の紹介コードがあれば、そちらを使用してください。

② モッピー経由でOlive口座を作成

③ 申込完了後、90日以内のクレジットモード発行

④ 申込完了した翌月末時点の円預金残高を10,000円以上にする

⑤ ③完了後、90日以内に3,000Pがモッピーに反映

⑥ ⑤が反映した翌月1日に5,000Pがモッピーに反映

⑥ ④を達成した翌月末に1,000円分のVポイントが付与

さらに、こちらのURLから初めてモッピーに登録&翌々月までに5,000Pを獲得することで、2,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。

既に三井住友銀行の口座を持っている方

切替キャンペーン 1,000P

常設キャンペーンとして、三井住友銀行口座所有者が1,000PもらえるOlive切替キャンペーンが実施されています。

キャンペーン期限終了日未定
付与ポイント1,000P
付与条件①エントリーフォームよりエントリー
付与条件②Oliveアカウントへ切替
付与条件③切替後翌月末までに
1度に30,000円以上の入金
特典付与日申込月の2ヶ月後末

エントリーフォームは公式サイトこちらから入ることができます。

付与条件③の入金条件は、合計ではなく、1度に30,000円以上の入金が必要なので注意してください。

こちらはアカウント紹介プログラムとも併用することが可能ですので、こちらと合わせて2,000Vポイントを獲得することができます。

既に口座を持っている方はこれくらいしかキャンペーンがありませんので、もらえるものはもらっておきましょう。

Oliveアカウント紹介キャンペーン

現在、Oliveアカウント契約時に紹介者から紹介されると1,000Vポイントもらえるアカウント紹介プログラムが行われています。

条件としては、以下となります。

  ① 被紹介用のエントリーフォームから紹介コード「SF00149-0000442」を入力すること

  ② 契約日の翌月末時点で円預金残高が10,000円以上あること

ポイントサイト経由での申込も紹介キャンペーンは対象になります。

もし家族や友達等に紹介者がいなければ、私の紹介コードを使っていただけると幸いです。