スポンサーリンク

【auじぶん銀行】改悪しても価値あり?お得な活用方法を紹介!

auじぶん銀行

auじぶん銀行は条件さえ揃えば、預金金利税引前0.23%他行振込無料回月15回年間5,000P以上のPontaポイントを獲得できるおすすめの銀行です。

欠点としては、サービスを最大限享受するための準備が複数必要であるため、重い腰がなかなか上がらないことです。

しかし、初めの1回で完了する準備が多いので、面倒以上のお得を受けることができます。

この記事では、

  • auじぶん銀行のメリット
  • ステージプレミアム獲得の攻略方法
  • ポイント付与条件達成の攻略方法
  • 外貨積立条件達成の効率的なやり方

これらをメインにauじぶん銀行について解説をしていき、お得で効率的な活用方法をご紹介します!

スポンサーリンク

auじぶん銀行について

auじぶん銀行はその名の通り、auブランドを展開するKDDI三菱UFJ銀行が共同で設立したインターネット銀行です。

2008年に創業し、2023年には預金口座数は570万を突破、預金残高は3兆円を超えています。

アプリ完結で預金管理やATMの利用ができる面は他の銀行とほとんど変わりはありません。

KDDI系列のため、ポイントはPontaポイント、証券はauカブコム証券、そしてau PAYとの連携が可能となります。

auじぶん銀行の基本性能

預金金利(税引前)0.001%〜0.23%
※0.33%も可能
定額自動入金月5件
定額自動振込
他行振込手数料
無料回数
3〜15回/月
ATM利用手数料
無料回数
2〜15回/月
ポイント獲得数月間:180〜930P
年間:2,160〜5,160P
付与ポイントPontaポイント

auじぶん銀行は他の銀行と比較しても、使用面でお得なサービスが豊富です。

2024年4月1日以降、条件無しの普通預金金利を0.001% → 0.03%に引き上げる発表が行われました。

さらに、条件さえ揃えば税引前0.23%にすることが可能です。

これはネット銀行の中でも、最高水準の普通預金金利になります。

auのスマホ料金プランである『auマネ活プラン』の契約をしていれば、さらに+0.1%の最大0.33%まで引き上げることができます。

auマネ活プランは、家族割引のような割引が無いものの、au PAYau PAYカードを用いたクレカ積立を利用する方にとっては、通常プランよりもお得になるケースがあります。

auマネ活プランに関しては、こちらで詳しく解説しています。

また、定額自動入金サービスに加えて、じぶんプラスと呼ばれるステージをプレミアムにすることで、他行振込およびATM利用が15回まで無料で使用可能になります。

ステージプレミアム獲得の攻略方法

auじぶん銀行には、じぶんプラスと呼ばれる4つのお客さまステージに応じて、もらえるPontaポイント数やATM利用手数料、振込手数料無料の特典が受けられるサービスです。

この特典価値を最大にするためには、最上位ステージである『プレミアム』になることが必要です。

ステージの判定は各月毎で行われ、判定日は毎月21日~翌20日で20日終了時点でのスタンプ獲得数に応じて翌月のステージが判定されます。(例:3月21日〜4月20日でスタンプ数5個以上の場合、5月はプレミアムになる)

要するに、20日までに各種条件を達成すれば良いということです。

ステージプレミアムになるためには、上図の”6つのカテゴリのうち5つのスタンプを獲得すること”です。

各カテゴリにはスタンプ獲得のための条件があり、このうち1つでも達成することでスタンプがもらえます。

以下では、獲得しやすい条件に絞って解説していきます。

①入金

達成におすすめの取引
  • 定額自動入金サービスによる入金 ※自動

定額自動入金とは、毎月指定日に他行銀行から指定した金額を自動で入金してくれるサービスです。

そのため、auじぶん銀行以外の銀行口座を持っている必要があります。

1度設定してしまえば、自動的に達成してくれる取引であるため、難易度としては簡単です。

ポイント付与の達成条件(1件15P/月)でもあるので、達成した方が良いでしょう。

給与振込口座が会社指定の場合、そこから自動入金させる等の使用ができるほか、スルガ銀行のポイントサービスを使用すれば、そちらでもポイントも獲得することができます。

スルガ銀行のポイントサービスについては、こちらで解説をしています。

https://small-hack.com/bank/

②口座振替

達成に必要な取引
  • 口座振替1件以上 ※自動

こちらは、クレジットカードもしくは電話料金等の口座振替1件で達成できます。

こちらもポイント付与の達成条件(1件15P/月)にも存在します。

引き落としが預金金利+0.05%の条件にもなっているau PAYカードの振替設定がおすすめです。

注意点としては、口座引落としによる出金がない場合は条件達成にならないので、使わないクレジットカードを登録する場合は注意しましょう。

au PAYカードであれば、還元率1.0%のクレカ積立ができるので、毎月容易に引き落としを発生させることが可能です。

③キャッシュレス決済

達成におすすめの取引
  • au PAY 残高へのチャージ(オートチャージ含む)
    ※au回線ユーザーのみ自動
  • スマホ決済(残高へのチャージ)※手動

おすすめの取引としては、現金にそのまま戻せる上記2つが良いです。

こちらの条件は、毎月手動で行う必要があります。

オートチャージであれば自動で行えますが、オートチャージができるのはau回線ユーザー限定です。

このキャッシュレス決済は、ポイント付与の達成条件にも存在しており、付与最大数を獲得するためには10万円のチャージが必要です。

しかし、au PAY 残高へのチャージの条件は、スタンプは獲得できますが、ポイント付与の対象はオートチャージ分のみになります。

au回線ユーザーはオートチャージの利用、それ以外の方は『auじぶん銀行』『PayPay』へのチャージ利用がおすすめです。

携帯キャリアによるおすすめの条件達成方法
  • au / UQ mobile / povo1.0ユーザー
    → オートチャージ
  • それ以外
    → スマホ決済(auじぶん銀行 or PayPay銀行

auじぶん銀行からau PAYへチャージしたお金は、自動の払出設定をすることでじぶん銀行の口座へそのまま戻すことが可能です。※即時ではなく最短で翌朝6時 ※手動の場合は220円の手数料が必要

また、PayPay銀行口座があれば、チャージ分をすぐに現金に戻すことができます。

PayPay銀行

出金までの流れ
  • auじぶん銀行 → PayPayへ1円以上チャージ
    PayPay → PayPay銀行口座に出金

PayPayからチャージ分を出金する場合、出金手数料が無料のPayPay銀行が必要になります。

PayPay銀行以外からの出金には、1回100円の振込手数料が必要となります。

また、PayPay銀行は基本的に他行振込手数料がかかります。

他の銀行へ送りたい場合は、auじぶん銀行の定額自動入金サービスを活用するか、同一本人名義であれば振込手数料が無料になる三井住友銀行への出金がおすすめです。

特に、三井住友銀行のOliveアカウントであれば、月3回まで他行振込が無料、ポイントサービスも存在します。

Oliveの詳細はこちらで詳しく解説しています。

④エンタメ

達成におすすめの取引
  • 公営競技へのご入金 ※手動

こちらの取引も毎月手動で行う必要があります。

おすすめの取引は、コストがかからない公営競技への入金です。

即PAT、TELEBOAT、SPAT4、オッズパークへのいずれかへの入金が対象となります。

いずれの公営競技も入金後にそのまま出金が可能なのでノーリスクで達成することは可能です。

⑤資産運用、⑥残高のどちらかの達成が難しい時に使用すれば良いと思います。

⑤資産運用

達成におすすめの取引
  • auマネーコネクトの設定 ※自動
  • 円定期預金残高1円以上 ※自動

auマネーコネクトの設定はauカブコム証券口座が必要です。

auカブコム証券は以下の面でおすすめの証券口座になっています。

auカブコム証券の活用
  • au PAYカード決済による積立投資分に対して1%還元
  • auマネーコネクトの設定でじぶん銀行の預金金利+0.099%
  • スルガ銀行を利用した毎日口座振替が可能

円定期預金は1万円からにはなりますが、最長5年の預入れが可能ですので、達成が難しそうであれば利用するのもありだと思います。(1年で年利0.1%)

⑥残高

達成におすすめの取引
  • 総資産残高50万円以上 ※自動

こちらは毎月20日終了時の残高が判定されるので、20日のみ一時的に50万円以上にしておくでも大丈夫です

③キャッシュレス決済と④エンタメカテゴリ以外はメイン銀行口座として最大限活用、かつポイント付与の条件を達成しようとすれば自ずとプレミアムに必要な条件は達成されています。

スタンプが獲得状況がわからない場合は、アプリ上で確認することができるので不安な人はチェックしましょう。

⑤と⑥の条件達成が難しい方は、スタンプ4個でなれるゴールドでも良いかとも思います。
もらえるポイントはやや減りますが、他行振込およびATM利用を10回無料で使用することができます。

ポイント付与条件達成の攻略方法

各条件を達成することで、月180〜930PのPontaポイントを獲得することができます。

ポイント獲得するための方法を解説していきます。

①入金 15P / 月1件まで

達成におすすめの取引
  • 定額自動入金サービスによるご入金 ※自動

定額自動入金1件で達成です。スタンプ付与の対象にもなっているので、確実にゲットしましょう。

②口座振替 15P / 月1件まで

達成に必要な取引
  • 口座振替1件 ※自動

クレジットカードなどの口座振替1件で達成です。

こちらもスタンプ付与の対象にもなっているので、確実にゲットしましょう。

③キャッシュレス決済 最大150P / 月

達成におすすめの取引
  • au PAY 残高へのオートチャージ ※au回線ユーザーのみ
  • スマホ決済(残高へのチャージ)※手動

最大150Pを獲得するには10万円の利用が必要です。

『au PAY 残高へのオートチャージ』はステージランクを決めるスタンプ獲得の条件とは異なり、au回線所持者のみが設定できるオートチャージ分がポイント付与の対象になります。

そのため、au非回線者は『スマホ決済(残高へのチャージ)』の取引がおすすめです。

しかし、PayPay銀行しかチャージ分を無料で出金する方法がありません。

PayPayにチャージ利用する場合、PayPay銀行以外への出金には1回100円の手数料が取られます。

ポイント数から差し引くと、実質50Pしかもらえなくなるので注意してください。

やり方は、スタンプ獲得方法で上述した内容と同じになります。

条件達成におすすめな方法
  • au / UQ mobile / povo1.0ユーザー
    → オートチャージ
  • それ以外
    → スマホ決済(PayPay

④積立投資

外貨積立によるポイント付与は、最大750P(5万円の積立)が必要です。

必要コストである為替手数料

外貨購入時には、預入時(購入)と払戻時(売却)に為替手数料が発生します。これが利用時に必ずかかるコストになります。

2024年3月11日以降、為替手数料が改定されています。

通貨預入
改定前→改定後
払戻
改定前→改定後
米ドル0銭→3銭25銭→3銭
ユーロ0銭→8銭25銭→8銭
※ 1通貨あたり

米ドルとユーロが同じ為替手数料であったため、円建ての価格が高いユーロの方が低い手数料で取引できていましたが、2024年3月11日から米ドルの手数料が最も低くなりました。

例:5万円分預入&払戻時の米ドル150円とユーロ165円の差額
50,000円÷165円/ユーロ×0.16円(16銭)- 50,000円÷150円/米ドル×0.06円(6銭)
= 49円 – 20円 = 29円の差

しかし、おそらく常設プログラムである、預入時の為替手数料が無料になる外貨積立0銭プログラムが実施されています。

米ドルであれば3銭、ユーリであれば8銭分の手数料が翌月下旬に口座へキャッシュバックされます。

これらにより、外貨積立利用時の必要コストがかなり軽減されました。

ポイント付与の条件

また、ポイント付与には以下の制限が存在します。

ポイント付与条件
  • 前月、当月に払戻取引がないこと
    例:5月分のポイント付与には、5月に積立+4月と5月に払戻取引をしていないこと

払戻処理を1度でもしてしまうと、処理をした当月とその翌月はポイント付与されません

これにより、積立購入後の即時払戻による為替変動リスクの回避ができなくなりました。

しかし、このような状況下でも、為替変動のリスクを最小限に抑えて活用する方法があります。

それは、ポイント付与対象となる月の末日に積立を行い、月替わりの翌日に払戻をすることで、為替変動のリスクを最小限に抑えます

最小限のリスクとは、積立購入が行われるAM10時から、翌日0時に払い戻すまでに最低14時間は為替変動リスクが生じるということです。※翌日0時はネット回線が重いことがよくある

しかし、この方法によるポイント付与は、3ヶ月に1回のみとなります。

さらに、これを実施する上で把握しておくべきことが、月末の外貨の払戻処理ができる利用時間です。

利用時間外では払戻処理ができないため、その分為替変動リスクが高まってしまいます。

手数料の低い、米ドルとユーロの利用時間は以下のようになっています。

払戻処理 利用可能時間
  • 月曜日
     7:10~翌7:00(サマータイム 7:00~翌6:00)
  • ② 火曜日~木曜日
     7:20~翌7:00(サマータイム 6:20~翌6:00)
  • ③ 金曜日
     7:20~翌6:50(サマータイム 6:20~翌5:50)
     ※第2以外の土曜日は0:00〜6:50(サマータイム ~5:50)まで利用可能
払戻処理 利用不可能時間
  • 第2以外の土曜日
    6:50〜23:59(サマータイム 5:50~23:59)
  • 第2土曜日
    終日(システムメンテナンスのため)
  • 日曜日
    終日
  • 月曜日
    0:00〜7:09(サマータイム 0:00~6:59)

つまり、月初めが火〜土曜日であれば、最低14時間の保有で払戻処理が可能です。

しかし、月初めが利用不可能な時間帯である場合、払戻処理ができないため、月曜日の7時頃まで保有しなければなりません。

保有時間以外では、以下の理由から、休日を跨いで保有することは避けた方が良いです。

  • 為替相場は24時間動いており、週明けに価格が大きく変動することは割とある
  • 基本積立日になる金曜日は、為替が動きやすい

もちろんプラスになる可能性もありますが、本来の目的とは異なるので、なるべく避けた方が良いでしょう。

以上のことを考慮すると、2024年のおすすめの取引月は以下のようになります。

比較的リスクの低い2024年の取引月

2024度積立日払戻日
1月31日(水)10:002月1日(木)0:00
2月29日(木)10:003月1日(金)0:00
4月30日(火)10:005月1日(水)0:00
7月31日(水)10:008月1日(木)0:00
9月30日(月)10:0010月1日(火)0:00
10月31日(木)10:0011月1日(金)0:00

この結果と3ヶ月に1回の積立が行えることから、2024年の1番効率的な積立月1月、4月、7月、10月ということです。

具体的なスケジュールは以下の通りです。

2024年の効率的な取引スケジュール

やることポイント付与状況
1月31日に5万円積立設定1月達成分として750P
2月1日0時に払戻

積立設定解除
付与対象外
3月休憩付与対象外
4月30日に5万円積立設定4月達成分として750P
5月1日0時に払戻

積立設定解除
付与対象外
6月休憩付与対象外
7月31日に5万円積立設定7月達成分として750P
8月1日0時に払戻

積立設定解除
付与対象外
9月休憩付与対象外
10月31日に5万円積立設定10月達成分として750P
11月1日0時に払戻

積立設定解除
付与対象外
12月休憩付与対象外

このような感じで手間と少しのリスクはありますが、3ヶ月に1回は750Pを獲得できる算段です。(月平均250P)※為替手数料によるコストを考慮すると、実質740P程度

今までのポイント付与数に比べると物足りなさを感じてしまいますが、ポイント獲得数を最大化したいという方には難しい作業では無いのでやってもいいかもしれません。

日付が変わった1日はアクセス過多で繋がらないことが多いので、私はいつも翌朝に売却しています。

⑤じぶん銀行FX

2023年5月から新たに追加されました。

1回1万通貨取引毎に15P、最大付与数は100回取引達成時の1500Pとなります。

しかし、取引時にかかるスプレッド(手数料)がかなり広いので取引するだけでマイナスになります。

残念ながら、スルー案件です。

預金金利0.23%の達成方法

auじぶん銀行は、条件達成によりネット銀行の中でも最高水準の預金金利(税引前)0.23%にすることが可能です。(メガバンクの230倍)

100万円の預金で年の利息が税引前2,300円になるので意外と侮れません。(メガバンクの預金金利0.001%だと、たったの10円)

0.2%の実現には、以下の条件達成が必要となります。

預金金利0.23%の条件
  • au PAYアプリとの連携 +0.05%
  • au PAYカードの引き落とし +0.05%
  • auマネーコネクト設定 +0.1%

この中でハードルが高いのは、au PAYカードの作成とauマネーコネクト設定に必要なauカブコム証券口座の開設でしょう。

しかし、金利0.23%以外にもau PAYカードとauカブコム証券口座を作るメリットはあります。

1つ目は、au PAYカードのクレカ積立です。利用額の1%がポイント還元されるので、キャッシュで積立を行うよりもお得になります。(約定後、即売りも可能)

2つ目は、スルガ銀行を引き落とし口座にしたauカブコム証券の毎日積立です。こちらはこの引き落としだけでも月最大200Pは獲得することができます。(変動リスクはあり)

また、上述したプレミアムステージ達成も容易になります。

auカブコム証券に関しては、こちらで詳しく解説しています。

auマネ活プランを契約していれば、さらに+0.1%上げることもできますが、こちらは月額がかかってきますので、必要なユーザーのみとなります。

お得な作り方

au PAYカード、auカブコム証券口座どちらもポイントサイト経由での作成がお得です。

au PAYカードは5,000円前後、auカブコム証券口座はFX取引込みで20,000円前後FX取引無しで10,000円前後がおすすめのタイミングです。

au PAYカード

カード案件額
① 狙い目
② 最高額
おすすめ
ポイントサイト
ノーマル5,000円〜
6,700円
Powl
ハピタス

参考として、2023年におけるポイントサイト案件の最高価格は6,700円です。

Powlが初めての方は、こちらのURLからの新規入会で、さらに最大400円分のポイントをもらうことができます。

ハピタスはこちらのURLからの新規入会で、さらに最大1,500円分のポイントをもらうことができます。

auカブコム証券口座

カード案件額
① 狙い目
② 最高額
おすすめ
ポイントサイト
口座開設

100円以上の取引1回
11,000円〜
12,000円
モッピー
口座開設

新規50万通貨以上取引
22,000円〜
24,000円
ハピタス

通常の案件は、口座開設に加えて『100円以上の取引』が必要ですが、非常に簡単な条件となっています。

参考として、2023年におけるポイントサイト案件の最高価格は12,000円です。

モッピーはこちらのURLからの新規入会で、さらに2,300円分のポイントをもらうことができます。

一方で、通常の口座開設よりも案件額が倍になりますが、FX取引が必要な案件も存在します。

こちらは、『対象の通貨による50万通貨以上の取引』が必要であるため、慣れていない方にとってはやや難しい案件となっていますが、その分もらえるポイント数も多くなります。

さらに、取引時にスプレッドによるコストが発生しますが、50万通貨取引時のスプレッドによる最低コストは1,500円なので、これを加味してもFX取引有り案件の方がお得です。

おすすめの通貨は、スプレッドが最も低いメキシコペソ/円(MXN/JPY)です。

カブコムFXの必要条件については、こちらの記事で詳しく解説しています。